月別アーカイブ: 2019年3月

オンラインカジノに挑戦するには

オンラインカジノはまずはサイト選びから

今はオンラインカジノを始めたいという方も増えているようです。
多くの紹介サイトでもオンラインカジノが紹介されていて、その知名度自体が上がっているようです。
オンラインカジノはペイアウト率も高く、インターネットや手持ちのスマホからでも楽しめる手軽なギャンブルです。

オンラインカジノの始め方ですが、まずは、どのようなオンラインカジノがあるのかなどを探ってみることが大切です。
世界には数千ものオンラインカジノがあり、日本語の対応カジノも増えています。
しかし、全てが優良なオンラインカジノというわけではありません。

ライセンスの有無や第三者機関からの監査が入っているか、また大手のソフトウェアが採用されているかなどの判断基準で選ぶようにしましょう。

オンラインカジノのソフトのダウンロード

オンラインカジノが決まれば、次にソフトのダウンロードを行います。
ダウンロードはプレイを始めるなどのロゴをクリックし、そしてダウンロードを開始します。
ダウンロードが完了すればアイコンができますので、そちらをクリックするとインストールが出来ます。

ダウンロードはWindows対応となっていて、Macは対応されていません。
その場合はノーダウンロードタイプのブラウザで遊べるタイプのオンラインカジノもあります。
この場合、ダウンロード不要なのでいつでも楽しめますし、さらにダウンロードに問題がある場合も、手間がかからないので便利です。

ダウンロードが上手くいかない場合、たとえばセキュリティソフトに原因があることも多いので、一度試してみてください。
どうしても上手くいかない場合には、ブラウザで遊べるタイプのオンラインカジノを試してみましょう。
また、スマートフォンの場合は、ダウンロード不要でブラウザで楽しめます。

アカウントの開設と登録

オンラインカジノを始める際には、アカウントの登録が必要となります。
日本語対応のオンラインカジノであれば、日本語入力ができるので、簡単に済みます。

住所や氏名など、必要事項を入力しましょう。
この時、氏名や住所等の入力ミスや間違いがないようにしましょう。
払い戻しの際には、本人確認書類を提出して、本人かどうかの確認が行われますので、間違いがあれば、払い戻しされなくなってしまいます。

また虚偽の情報などもけして入力しないようにしましょう。
悪質であれば、ブラックリストとして、立入禁止になってしまうこともあります。

オンラインカジノへの個人情報入力が終われば、使用する通貨も選びます。
これは、エコペイズなどの電子決済サービスの通貨に合わせたほうが手数料を節約できます。
最近では、米ドルの他にも、ポンド、ユーロが使えるケースもあります。

チップを購入するためには

次に、オンラインカジノで実際に遊ぶためにチップを購入しましょう。
オンラインカジノのキャッシャー画面から、チップ購入を選び、クレジットカードや、プリペイドカード、またエコペイズと言った入出金手段でチップ購入ができます。直接銀行送金も可能です。

クレジットカードについては使えるオンラインカジノとそうでないところがありますので、確認をしておきましょう。
また、カードは規制の影響によって、はねられてしまうこともあります。
このため、複数枚用意しておくと良いでしょう。

この際に、反映されるまで少々時間がかかることもありますので、何度もチップ購入のボタンを押したりしないように気をつけましょう。

払い戻しについて

オンラインカジノからの払い戻しの際には、銀行送金、エコペイズ、そして小切手などの方法があります。
銀行送金は、所得について質問されることもありますので、注意をしましょう。
また、小切手の場合、発行までに2~3週間時間がかかってしまうのと、手数料に3~5千円がかかりますので、あまり現実的ではありません。

いちばんオススメな手段としてはインターネットバンキングを用意しておき、外貨の貯蓄ができれば便利です。
カジノ側でも銀行側でも手数料がかかりますので、注意が必要です。

おすすめされているのがエコペイズや、アイウォレットと言った電子決済サービスです。
手数料も格安で瞬時に送金をすることが出来ますし、入出金のどちらも管理をすることが出来ます。
長くオンラインカジノでプレイをするなら、エコペイズの口座を作成しておくようにしましょう。

本人確認書類の提出が必要になる

オンラインカジノで払い戻しを受けるためには、本人確認書類の提出が必要となります。
たとえば、運転免許証や保険証などがありますが、パスポートは英語のため、最も通用しやすいです。

また、それと同時に、住所確認が必要になるので、公共料金の明細書なども用意しておくと良いでしょう。
メールやFAXで提出になりますので、FAXがない場合には、スキャナーを用意しておくと綺麗に読み込みができるので、便利になります。