itsinthedetailsl のすべての投稿

カジ旅はルビーを集めても楽しめるオンラインカジノ

カジ旅は、ロールプレイイングゲームの要素を取り入れた斬新なオンラインカジノとして知られています。
カジノゲームを行うと、ゲーム数に応じて冒険を進めることができます。
そして、冒険を進めていると、宝箱を見つけルビーを獲得できたり、ボスキャラとの対決が待ち構えていたりと楽しめる内容になっています。
カジ旅のロールプレイイングゲームは、この冒険を通じてルビーを集めるゲーム性になっています。

実は、このルビーがカジ旅の大きな特徴でもあるのです。
そこで、カジ旅のルビーについて解説していくことにします。

カジ旅のルビーっていったい何

カジ旅のルビーっていったい何
カジ旅のルビーは、いわば架空の通貨です。
カジ旅のロールプレイングゲーム内の通貨と理解すればわかりやすいはずです。

カジ旅では、カジノゲームをプレイすると、このルビーが獲得できます。
同時にプレーを重ねることで冒険を進めることができます。
冒険を進めていくと、お宝袋を発見することがあります。
このお宝袋にはルビーが入っているのです。

また、冒険中には敵キャラに遭遇したり、敵キャラのボスと遭遇したりします。
敵と遭遇したらバトルをすることになるのですが、そのバトルに勝利した場合もルビーを獲得できるのです。

そして、このルビーを利用するとフリースピンなどと交換ができるといったものになっているのです。

カジ旅のルビー獲得の機会とは

カジ旅のルビー獲得の機会とは
カジ旅でのカジノゲームプレーにおいてルビーを獲得できる機会はいくつかあります。
1つは、カジノゲームをプレイすることです。
150ドルのプレーをするごとに必ずルビーが獲得できるようになっています。
また、うれしいことにキャッシュゲームだけでなく、ボーナスを利用した場合も同様に獲得のチャンスがあります。

もう一つの獲得の機会は、プレーに応じて進むことのできる冒険の中でルビーを獲得することができます。
冒険はカジノゲームの消化によって進むことができるので、遊べば遊ぶほど進むことができるためルビーの獲得の機会は増えることになります。

さらに、冒険の中で、敵キャラのボスと対戦をする機会がロールプレイングゲームの進行中の要所要所で訪れます。
このボスキャラとの対戦に勝利することでもルビーを獲得できるのです。

そして、最後にカジ旅のキャンペーンでルビーを獲得することもできるのです。

ルビーで交換できるものは

ルビーを利用すると「ルビーストア」で様々なものと交換をすることができます。
交換できるものの1つがフリースピンです。
決められたベット額の規定回数のフリースピンです。
例えば、「〇×というスロットマシンで利用できる1ドルの10回フリースピン」といった具合です。

このルビーを利用したフリースピンで獲得した賞金は、キャッシュに反映がされます。

ついで、いきなりボーナスステージとの交換も可能です。
スロットマシンのボーナスステージから遊ぶことのできる権利です。
スロットマシンにはボーナスを購入できる機種がありますが、同様にボーナスを購入できる権利との交換もできるのです。
こちらもボーナスで獲得した賞金は、すぐさまキャッシュに反映されます。

さらに、フリーペットにも交換ができるのです。
フリーベットとはわかりやすく言えば、キャッシュです。
決められた金額分付与され、指定ゲームでベット額を選択して決められた金額分だけ遊べる権利です。
こちらもフリーゲーム中に獲得した賞金は、キャッシュに反映されるのです。

ルビーは、フリースピン、ボーナスゲーム、フリーベットに交換ができる仮想通貨という訳です。

ルビーには有効期限がある

ルビーには有効期限がある
獲得すると有効活用できるルビーですが、獲得機会によってルビーの有効期限が決められています。
カジノゲームのプレイによって獲得したルビーについては有効期限がありません。
しかし、冒険の途中で発見したルビーは有効期限30日、ボスキャラに勝利して獲得したルビーは60日と有効期限が定められています。

この期限内にルビーを消費しなければ無効になるので、獲得したルビーは有効期限を確認した上で、利用できる期限内に利用する必要があります。

ルビーを利用してフリースピン等を有効にすると期限が発生する

ルビーを利用してフリースピン等を有効にすると使用期限が発生します。
30日以内にフリースピンなどを行わないと無効になってしまいます。
有効にしたフリースピン等は、なるべく早くに消化をして利用してしまう必要があります。

また、出金をすると有効化していないルビーが無効化されてしまいます。
出金をする前に利用してしまうことが、ルビーを無駄にしないことにつながることも覚えておくといいでしょう。

カジ旅のルビーのまとめ

カジ旅でルビーを獲得して、フリースピンとの交換をすると、ルビーの有用性を痛感することができます。
それは、ベット額が最低ベット額のものばかりでなく、0.5ドルや、1ドルといった高額ベットのスピンも含まれているからです。

スピン数こそ何十回と多いものではありませんが、高額ベットであれば大きな配当を手にするチャンスがあるので非常に魅力を感じるのです。

カジノゲームで遊んで、ロールプレイングゲームを楽しんで、ルビーを集めて、フリースピン等で賞金を獲得することもできるとなれば、カジ旅が人気があるのもうなずけます。

また、ルビーで獲得した賞金はキャッシュに反映され、ボーナスのような賭け条件が発生しません。
つまりは、即キャッシュ化されるので非常に大きな魅力があるのです。

なぜネットカジノは違法でも合法でもないのか

怒涛の勢いでユーザー数が増えているネットカジノですが、実は日本の法律上、合法でも違法でも無い、いわゆるグレーゾーン的な立ち位置にあります
法的なグレーゾーンはネットカジノ以外にもいくつかありますが、それらは全てちょっとしたトラブルや勘違いが起こることで違法の方向へ傾くこともあります。
つまりグレーゾーンである以上、細心の注意を払う必要があるわけです。

そこで今回の記事では、なぜネットカジノは法的にグレーゾーンと呼ばれ違法でも合法でもないのかを解説し、どういう時に違法になってしまうのかをご紹介していきます。
ネットカジノのプレイに当たって少しでも不安のある方の参考になれば嬉しいです。

現在ネットカジノプレイヤーを取り締まる法律がない

現在ネットカジノプレイヤーを取り締まる法律がない
「ネットカジノで遊んだら逮捕される」「ネットカジノは賭博だから違法だ」などという声がありますが、それは大きな間違いです。
ネットカジノに違法性は無く、日本における賭博罪は適用されません。
そもそも賭博罪というのは、日本国内で賭博を開帳する行為や、その賭博に参加することで適用され、海外に胴元のいるネットカジノには適用されないのです。

もちろんネットカジノが賭博であることに間違いは無く、実際にお金を賭けてギャンブルを楽しむ以上、違法性が問われて不安に思われる方も多いかと思います。
しかし賭博罪にはネットカジノについての記述は一切無く、かすかに触れてもいないのです。
以上のことから、現在の日本でネットカジノプレイヤーを取り締まる法律が存在していないため、ネットカジノで遊んでも違法性が問われることはありませんのでご安心ください。

合法でも違法でも無いグレーゾーン

合法でも違法でも無いグレーゾーン
ネットカジノについての法律が存在しない以上、そこに違法性はありませんが、合法でも無いことを忘れてはいけません。
「ネットカジノを法的に認める」と記述されていれば合法ですが、それが無いため、違法でも合法でも無く、グレーゾーンとなるわけです。

またカジノ法案成立により、勘違いされている方がいますが、カジノ法案はランドカジノを含むIRの誘致を目的としているもので、ネットカジノとは無関係です。
ネットカジノに関しては、まだ国会で議論も行われていません。

しかし今後、カジノ法案がより具体的になっていくことで、ネットカジノに関する項目が追加される可能性は十分にあります。
それでも海外拠点のネットカジノですから、日本の警察による介入はできないため、「海外サーバーでもギャンブルは違法と見なす」とならない限り、ネットカジノに違法性が問われることはまず無いでしょう。

ネットカジノでも違法となるケース

ネットカジノでも違法となるケース
ネットカジノが合法でも違法でも無いグレーゾーン的な存在だとご理解いただけたかと思いますが、次に違法性が問われるケースをご紹介します。
グレーゾーンである以上、少しの確認ミスや勘違いで違法性が認められ、賭博罪が適用されることもありますのでご注意ください。
それが「ライセンス」「胴元の拠点」「インカジ店」の3つです。

まずライセンスですが、ネットカジノを運営するためには、合法国の政府機関からゲーミングライセンスを取得する必要があり、これを持たないネットカジノは違法です。
胴元はもちろんのこと、そのネットカジノで遊ぶプレイヤーも違法行為となります。

次に胴元の拠点ですが、日本国内以外に置いていることが絶対条件です。
いくらゲーミングライセンスを所持していたとしても、胴元が日本国内にある場合には賭博罪が適用され違法になります。
実際にドリームカジノ事件と呼ばれる摘発事例があり、ゲーミングライセンスを所持していながらも、大阪を拠点にしていたことから胴元が摘発され、プレイヤーにも警察から厳重指導を受けています。

最後にインカジ店ですが、これはインターネットカジノ店の略称であり、店舗でネットカジノをプレイできる店のことです。
一昔前は、1円ポーカーや10円ポーカーが主流でしたが、現在はスロットやライブカジノを中心とするインカジ店が怒涛の勢いで増えてきています。

インカジ店では、従業員へ直接お金を渡してネットカジノへ入金し、出金時も同じように手渡しで行われます。
これは完全なる賭博行為であり、もし警察が踏み込んできた場合、客は単純賭博罪で逮捕されます。

このように、ネットカジノで違法性が問われるケースは多くありますのでご注意ください。

まとめ

今回の記事では、なぜネットカジノは法的にグレーゾーンと呼ばれ違法でも合法でもないのか?について解説させていただきました。
ネットカジノは、それを規制する法律が存在しないため違法ではありませんが、逆にネットカジノを認めているわけでも無いので合法でもありません。

違法性はありませんので、ネットカジノをプレイしても全く問題ありませんが、「ライセンスを所持している」「胴元が海外にある」「インカジ店は利用しない」の3つは必ず覚えておきましょう。
正しい知識を知っておくことで、ネットカジノは安心安全に遊ぶことができるのです。

ハウスエッジが低く稼ぎやすいゲームのブラックジャックとは

ハウスエッジは、「いくら賭けたら、どのくらい戻ってくるのか」「胴元にいくら取られるのか」と、オンラインカジノで稼ぐ上で重要な指標です。
これは、ブラックジャックだけではなく、ギャンブルをする人であれば気になる数字の一つといえます。

では、ブラックジャックのハウスエッジは、どのようになっているのでしょうか。

そこで今回は、ブラックジャックのハウスエッジや、ハウスエッジが低いブラックジャックゲーム、ハウスエッジを考慮した攻略法などについて詳しく説明していきます。

ブラックジャックのハウスエッジについて

ブラックジャックのハウスエッジについて
まずは、ハウスエッジとはどのようなものなのか説明していきます。

ハウスエッジとは、プレイヤーがゲームに対する賭け金のうち、どのくらいの割合をオンラインカジノ側に取られるかといった割合を示す指標です。

ブラックジャックの平均ハウスエッジは0.5%
ブラックジャックのハウスエッジは、-2~4%となっており、平均すると「0.5%」となっています。
ハウスエッジが低ければ低いほど、胴元に取られる割合が少なくなるため、損失が抑えられます。

ブラックジャックのハウスエッジは、ルール・賭け方・戦略によっては低くできるため、オンラインカジノで高い人気を誇っています。

ブラックジャックのハウスエッジが低い理由とは
ブラックジャックのハウスエッジは、なぜ低いのでしょうか。

結論からいうと、「統計学的に勝ちやすい戦略がある」「運要素が薄い」からです。
オンラインカジノのブラックジャックにイカサマはありません
配られたカードをチェックしてから戦略を決めます。

このように、プレイヤー判断による影響が大きいため、ブラックジャックのハウスエッジは低いのです。

ブラックジャックのルールとハウスエッジの関係性について

ブラックジャックのルールとハウスエッジの関係性について
ブラックジャックには、さまざまなルールが設けられているため、テーブルや選ぶゲームによってルールは異なります。
中には、プレイヤーに有利なゲームもあるため、ルールによってハウスエッジは大きく変わってきます。

まずは、基準とするルールをここで紹介します。

・8Deck
・ディーラーはソフト17で「スタンド」
・任意の数・スプリット後「ダブルダウン可」
・合計4ハンドまで「再スプリット可」
・エースの「再スプリット不可」
・スプリット後のエースへの「ヒット不可」
・サレンダーなし
・ナチュラルブラックジャックの場合は「配当1.5倍」

上記のような基本ルールでは、ベーシックストラテジーを活用することによって、ハウスエッジは「+0.43%」となります。

では、細かいルールを適用した場合のハウスエッジはどうなるのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

デック数に関するハウスエッジは以下の通りです。

・2Deck:-0.19%
・4Deck:-0.06%
・5Deck:-0.03%
・6Deck:-0.02%

ヒットに関するハウスエッジは以下の通りです。

・スプリット後にエースへヒット可:-0.19%
・ディーラーはソフト17でヒット:+0.22%

ナチュラルブラックジャックに関するハウスエッジは以下の通りです。

・1-1(1.0倍):+2.27%
・6-5(1.2倍):+1.39%
・7-5(1.4倍):+0.45%

ダブルダウンに関するハウスエッジは以下の通りです。

・任意の数:-0.23%
・スプリット後のダブルダウン不可:+0.14%
・9〜11に限りダブルダウン可:+0.09%
・10・11に限りダブルダウン可:+0.18%

スプリットに関するハウスエッジは以下の通りです。

・スプリットは合計2ハンドまで:+0.10%
・スプリットは合計3ハンドまで:+0.01%
・エースの再スプリット:-0.08%

サレンダーに関するハウスエッジは以下の通りです。

・アーリーサレンダー:-0.24%
・レイトサレンダー:-0.08%

このように、ルールによってハウスエッジが大きく異なるため、ルールを事前に確認する作業は重要であるといえます。

ブラックジャックのハウスエッジを考慮した攻略法

ブラックジャックのハウスエッジを考慮した攻略法をいくつか紹介していきます。

まず紹介する攻略法は「グッドマン法」です。
グットマン法は、「1235法」とも呼ばれており、慎重にコツコツ稼ぎたい人におすすめの方法です。
具体的に説明すると、賭け金を1ドルからスタートし、勝利する度に左から「1ドル・2ドル・3ドル・5ドル」の順に、賭け金を増やしていくやり方です。

次に紹介する攻略法は「グランパーレー法」です。
これは、パーレー法を基にして作られたもので、強気に勝負したい人におすすめです。
グランパーレー法は、連勝時に賭け金を倍にしながらプラスアルファの金額を足していくことで、短期間で大きく稼げる方法です。

最後に紹介する攻略法は「キャンセレーション法」です。
これは、モンテカルト法を基にして作られたもので、やめ時がはっきりしているため遊びやすい攻略法です。
キャンセレーション法は、最初にどのくらいの利益を得たいのか目標を設定します。
その目標利益をいくつかに分割して数列にします。
できた数列の両端を賭け金とし、この数列がなくなれば利益が出るというやり方です。

ハウスエッジが低いおすすめのブラックジャックゲームとは

ハウスエッジが低いおすすめのブラックジャックゲームとは
ブラックジャックには、変則的なルールで行われるゲームがいくつもあります。
その中でも、利益を上げられやすいといわれているのが「ブラックジャック・スイッチ」です。

通常では1ゲーム1ハンドのところ、2ハンド配られます。
それぞれのハンドに配られた2枚目のカードをスイッチ(入れ替え)できることから、ブラックジャック・スイッチと呼ばれています。

カードを確認した後、2枚目のカードを入れ替えることができるため、「21」を狙いやすい、プレイヤーに有利なゲームです。

とはいえ、あまりにも勝ちやすいという理由から、一部のオンラインカジノではハウスエッジが引き上げられていたり、そもそもブラックジャック・スイッチを採用していなかったりします。

このように、ハウスエッジが上げられているかもしれませんが、それでも勝ちやすいゲームには変わらないので、見つけたらプレイしてみてください。

ブラックジャックのハウスエッジまとめ

いかがでしたでしょうか。

ブラックジャックのハウスエッジは、他のカジノゲームと比較しても低いため、プレイヤーにとって有利なゲームとなっています。
とはいえ、ブラックジャックのルールや攻略法によっては、「ハウスエッジを0(ゼロ)にすること」「ペイアウト率を100%以上にすること」も可能です。

ブラックジャックをプレイする前に、ハウスエッジを確認することによって、どのくらい稼ぎやすいかを事前に把握することができます。
そのため、ブラックジャックをプレイする際は、ハウスエッジをチェックして、適したブラックジャックゲームを選ぶようにしてください。

ラッキーニッキーの出金方法を徹底解説

オンラインカジノはネットを通していますがギャンブルなので、獲得したキャッシュを出金することで現金を手にすることができます。
そのため出金方法は非常に重要な要素になります。

ですがオンラインカジノごとに利用できる出金方法には違いがあります。
そのため気軽に出金をできるようにするためにも、どのオンラインカジノを選ぶかが大切です。

そこで今回は数あるオンラインカジノの中から、アニメをイメージさせるキャラクターで有名な「ラッキーニッキー」について、出金方法を紹介します。

ラッキーニッキーで利用できる出金方法は?

ラッキーニッキーで利用できる出金方法は?
ラッキーニッキーでは複数の出金方法を利用することができます。
その一覧は以下のようになります。

・エコペイズ
・アイウォレット
・ヴィーナスポイント
・マッチベター
ラッキーニッキーではどの方法を使ったとしても、出金手順に大きな違いはありません。
そのため自分の利用しやすい方法を選びましょう。

ラッキーニッキーで出金するための手順は?

ラッキーニッキーで出金をする時には、以下のような手順で行うことができます。

①ラッキーニッキーにログインします

②画面上にあるメニューバーをクリックしメニューを開きます

③メニューの中にある「登録情報」をクリックします

④登録情報画面の中にある「出金」をクリックします

⑤利用できる出金方法が表示されます
自分の利用したい出金方法を選択しましょう。

⑥出金したい金額を入力します

⑦出金先の電子決済サービスの口座番号かアカウントIDとパスワードを入力します

⑧入力した情報に間違いが無いことを確認し「送信」をクリックします

⑨画面上に「出金のリクエストを承りました」と表示されれば出金手続きは完了です

⑩出金が行われるとラッキーニッキーに登録したメールアドレスにその旨を通知するメールが届きます

以上で出金は完了です。
このように特別難しい手順は無く、出金先の電子決済サービスのアカウントさえあれば簡単に出金をすることができます。

それぞれの出金方法の手数料や出金限度額は?

それぞれの出金方法の手数料や出金限度額は?
ラッキーニッキーでは複数の出金方法が利用できます。
そのすべてを出金手数料無料で利用することができます。

また出金額もどの方法でも$20~$5,000となっています。
そのためそれ以上の金額を出金したい場合には複数回に分けて手続きをしなければいけません。
それに加えて、1月の出金限度額も定められていて、$10,000までしか出金することができません。

そのため高額なジャックポットなどが当選した場合は、出金に時間がかかってしまう可能性があります。
そのような場合には、一度カスタマーサポートに問い合わせてみましょう。

ラッキーニッキーで出金する際の注意点は?

ラッキーニッキーで出金する際の注意点は?
ラッキーニッキーはこれまでに紹介してきたように、複数の出金方法が利用でき、出金手続きも簡単にすることができます。
そのためオンラインカジノに慣れていない人でも簡単に出金することができます。

ですがラッキーニッキーで出金する際には、いくつか注意しておくべきこともあります。
そのことを押さえた上で、ラッキーニッキーカジノで出金しましょう。

①出金には利用できない入金方法がある
ラッキーニッキーではクレジットカードで入金をすることができます。
ですがクレジットカードは支払い機能しかないので、入金には利用することができません。

特に日本では電子決済サービスに馴染みが無い人も多いので、クレジットカードで入金をしている人が多いです。
注意しておきましょう。

②出金は入金方法と同じ方法しか利用できない
オンラインカジノではマネーロンダリングを防ぐための措置として、入金方法と出金方法が同じ方法でないと利用できません。
これはラッキーニッキーでも同じです。

そのためエコペイズで入金をして、アイウォレットで出金するということはできません。

ですがクレジットカードのように入金にしか利用できない方法の場合は、他の方法で出金をすることができます。
クレジットカードで入金をしている人は、出金方法として使える電子決済サービスの口座を開設しておかなければいけないので注意しましょう。

③初回出金時には書類の提出が必要
ラッキーニッキーでは、初めて出金をする前に、いくつかの書類を提出しなければいけません
提出書類は以下の通りです。

・本人確認書類(運転免許証、パスポート、住基カードなど)
・住所確認書類(公共料金の請求書、住民票、クレジットカード明細)
・クレジットカードの写真(クレジットカードで入金をしている場合のみ)
これらの書類を提出しないと出金手続きを行うことができません。
スムーズに出金するために、アカウント登録後に済ませておくようにしましょう。

まとめ

ラッキーニッキーは出金手続きも簡単で、初心者でも簡単に楽しむことができるオンラインカジノです。
ラッキーニッキー自体もアニメをイメージさせるキャラクターがサポートしてくれるということで、カジノにあまり馴染みのない日本人でも遊びやすくなっています。

オンラインカジノを始めてみたい人、出金手数料を支払いたくない人は、ぜひラッキーニッキーで遊んでみてください。

オンラインカジノは魅力が詰まったギャンブル

海外政府に認められている合法ギャンブル

海外政府に認められている合法ギャンブル
オンラインカジノは海外では大人気のギャンブルで、運営会社の中には株式市場に上場しているところもあり、国によっては国民的なギャンブルと言っても過言ではないほど高い人気を誇っています。
オンラインカジノがこれほどまでの人気を得ている一番の理由は安全性の高さにあります。

オンラインカジノは海外政府よりライセンスを受けて運営している合法ギャンブルです。
ライセンスの取得審査はとても厳しく、ライセンス発行国によっては従業員一人一人の素性までチェックを行うので、常日頃からしっかりとした管理体制を敷いている企業でなければライセンスを取得することができません。

また、ライセンスを取得し運営を開始してからはライセンスを発行した海外政府により監視されることになるので、ライセンスを保有しているオンラインカジノはいつでも安全に遊ぶことができます。
そして、オンラインカジノの多くは第三者監査機関の監査を定期的に受けているので、その安全性については外部機関によってもしっかりと証明されています。
このような安全性に遊べる環境が整っているため、オンラインカジノは誰でも遊びやすいギャンブルとして高い人気を得ています。

96%以上の高すぎるペイアウト率

96%以上の高すぎるペイアウト率
ギャンブルには勝ちやすさを表す数値が設定されています。
その数値はペイアウト率というもので、いくら使えばいくらくらい戻ってくるということを表しています。

たとえば、ペイアウト率が50%だとすると、これは使った金額の半分が戻ってくることを意味しています。
日本のギャンブルにもペイアウト率が設定されていて、パチンコとパチスロは80%、競馬、競輪、競艇、オートレースは70%、宝くじは40%と決められています。
このペイアウト率で見ると、パチンコは使った金額の8割が戻ってくることになりますが、宝くじの場合は使った金額の4割しか戻ってこないことになるので、利益の面だけで考えれば断然パチンコを選んだ方が利益を残すことができます。

オンラインカジノにもペイアウト率が設定されていますが、そのペイアウト率は96%以上となっています。
この96%以上というのは、ゲームによっては99%という限りなく100%に近いペイアウト率で勝負できるものもあるからです。

どんなギャンブルにしても、運営側に利益が出るようにできています。
そうでなければ運営を続けていけないので、これは当然のことです。

オンラインカジノの場合、ペイアウト率が96%以上となっているので、運営側に入る利益は利用者が使った金額のわずか4%程度しかありません。
この利益でなぜ運営を続けていられるのかというと、それは運営費用をそれほど必要としないからです。

実際にカジノを運営するとなると、その運営費用は莫大なものとなります。
ディーラーからボーイまで従業員も多く雇わなければいけませんし、豪華なイメージを演出するため光熱費も驚くほど高額になります。

その他にも家賃も必要となりますし、ゲーム機器のメンテナンス費用も必要となります。
オンラインカジノの場合はこうした費用がほとんどかからないので、こうした費用が安く済んでいる分ペイアウト率を高くすることができています。

20億円以上の高額賞金獲得が可能

オンラインカジノはオンラインのカジノゲームでギャンブルを行うのですが、得られる賞金は実際のカジノにも引けを取りません。
オンラインカジノの特徴の一つでもありますが、オンラインカジノにはベットする度にそのベット額の一部が積み立てられていくジャックポットというシステムがあります。

ジャックポットはスロットマシーンに搭載されていて、その最大賞金額はなんと20億円を超えます。
過去には日本人プレイヤーが数千万円のジャックポットを引き当てたという例もあります。
このジャックポットはありがたいことに、現在いくら賞金が貯まっているかが公開されているので、その時にもっとも賞金が貯まっているジャックポット搭載機を選べば、宝くじを超える一攫千金を狙うことができます。
このように実際のカジノと比べても引けを取らない高額賞金も用意されているため、海外では多くのプレイヤーが日々ジャックポットを引き当てようとスロットマシーンをプレイしています。

24時間好きなタイミングでプレイできる

24時間好きなタイミングでプレイできる
パチンコでも競馬でもギャンブルを行うとする場合、まずはそのギャンブルが開催されている日、時間にスケジュールを合わせる必要があります。
そのため、仕事をはじめ予め予定が入っている場合はまた次の機会を窺わなければなりません。
オンラインカジノの場合は、そうした他のギャンブルとは違い24時間運営となっているのでいつでも利用したいと思ったその時にギャンブルを行うことができます。
しかも24時間運営に加えて365日無休となっているので、大晦日や元旦であっても利用することができます。
そして、現在のオンラインカジノはモバイルからのアクセスも可能となっているので、時間だけではなく場所も問わず利用することができます。
こうした24時間365日、時間、場所問わずに利用できるということもオンラインカジノの魅力であると言えるでしょう。

国際的な法解釈に基づく違法性の無さ

言うまでもなく、日本国内ではカジノは禁止されています。
IR法案が動き出しているとはいえ、それでもカジノの設置場所が限定される見通しである以上、「どこででも楽しめるもの」にはならないことが予想されます。

また、カジノに限らず、日本国内では競馬や競艇といった公営ギャンブル以外は禁止されています。
そのため、オンラインカジノに関しても「違法だ」と考える人が多いのも分からない話ではありませんが、オンラインカジノに関しては少々話がややこしいです。

オンラインカジノはインターネット上のカジノ

オンラインカジノはインターネット上のカジノ
まず、オンラインカジノがどのようなものなのかといえば、インターネット上で楽しめるカジノです。
インターネット上ではあっても、従来のカジノ同様高いペイアウトにより、他のギャンブルとは比べ物にならない高配当を手にできます。

一晩で何百万も勝利したという報告など、オンラインカジノの世界では決して珍しいものではありません。
現実世界ではラスベガスやマカオなど、カジノが認められている国でなければ楽しめないものが、インターネット上で気軽に楽しめるとあって高い人気を集めています。

しかし、日本ではギャンブルは違法。
この点から、オンラインカジノに関しては専門家の間でも様々な解釈がなされています。

インターネット上の法解釈

オンラインカジノが違法なのか合法なのかを考えるに当たって、参考となるのが他のインターネット上の法規範です。

国際的に、インターネット上の法規範は基本的にサーバーが置かれている国に準拠しています。
例えば、日本のコンテンツの多くは日本のサーバーに置かれていますので、日本の法律が適用されます。
文章表現・使用する画像等、全てに於いて日本の法律に基づいたものとなっています。
そのため、日本のサーバーでオンラインカジノが運営されていれば間違いなく違法です。

しかし、オンラインカジノの多くは海外のサーバーで運営されています。
更に付け加えると、カジノが合法な国のサーバーにて運営されています。
つまり、インターネット上の方解釈的には「違法ではない」ことが分かります。
インターネット上の法解釈

法解釈とオンラインカジノ

法解釈として分かりやすく説明すると、法律は国籍ではなく、場所に基くものです。
日本人がアメリカに足を運んだら、アメリカの法律を遵守することになります。
もちろんこれはアメリカだけではなく、訪れた国の法律を遵守するという意味です。

一例として、ドイツのアウトバーンが挙げられます。
日本の高速道路にあたるアウトバーンは、場所によっては速度無制限です。
日本人が現地で車を運転し、それこそ200km/hで走ろうとも「合法」です。
日本国内で200km/hも出そうものなら違法ですが、アウトバーンであれば何人であっても合法です。

インターネット上がサーバーが置かれている国の法律に基づくのも、サーバーまで「アクセス」しているので、サーバーが置かれている国の法律に基づくことになります。
しかし、インターネット上のコンテンツがどの国のサーバーで運営されているのかなど、普通に閲覧しているだけでは分からないものです。

そのため、オンラインカジノに対して「違法だ」と主張する人がいるのも不思議ではありませんが、実際オンラインカジノは多くが先にもお伝えしたようにカジノが合法な国のサーバーで運営されています。
理屈としては、ラスベガスやマカオなどカジノが合法な国まで足を運んで、その上でカジノを楽しんでいるのと同じです。

日本国内では禁止されているとしても、現地でどれだけ楽しんでも問題ありません。
帰国して急に空港で逮捕されるといったこともありません。

法律の弱点が露呈している部分でもある

法律の弱点が露呈している部分でもある
このような議論が出るのも、法律がインターネットを意識して作られていないからです。
法律ができた時代、まさかその後インターネットが誕生するなどとは思ってもいませんでしたので、オンラインカジノだけに限らず、法律がインターネットを想定できていないものは多々あります。

そのため、オンラインカジノに関しても違法なのか合法なのかで度々議論されているのですが、基本的にはサーバーの置かれている国でという点になりますので、オンラインカジノを楽しんでも良いという声が圧倒的です。

むしろオンラインカジノが違法なものであれば、国内でこれだけ大きな人気を獲得するには至っていないでしょう。
ネットメディア等で取り上げられることがあるのも、基本的には「白」だからこそです。

まとめ

オンラインカジノの法解釈は法律が追い付いていないからこそ難しい部分があるのも事実ですが、基本的にはサーバーが置かれている国に基くものとなっています。
日本国内のサーバーで営業しているオンラインカジノがないことを考えると、オンラインカジノは違法ではなく、安心して楽しめるコンテンツだと考えて良いのではないでしょうか。
但し、オンラインカジノに関するニュースには敏感になっておくべきでしょう。

意外に容易く始められるギャンブル

世界的な広がりを見せているオンラインカジノ。
日本国内でも多くのユーザーを抱えていると共に、その手軽さから何らかのきっかけでオンラインカジノの存在を知り、興味を持ったというユーザーも珍しくありません。

一方でオンラインカジノは海外のサービスになりますので、その点に於いて躊躇しているという人もいるのではないでしょうか。
本当はすぐにでもオンラインカジノを楽しんでみたいけど、でも海外のものだから面倒そう…。
そんな思いを抱えているユーザーは、それが「誤解」だと分かります。

オンラインカジノを始めるにあたって

オンラインカジノを始めるにあたって

オンラインカジノを始めるにあたって必要なものはいくつかあります。
オンラインカジノは様々な業者が用意していますので、業者によって微妙に異なるものがあるのも事実ではありますが、基本的にメールアドレスと本人確認書さえあれば登録が可能です。

メールアドレスは誰もが持っているかと思いますが、問題は本人確認書です。
オンラインカジノはギャンブルになりますので、未成年ではないことを証明しなければならないので、どのオンラインカジノでも本人確認書が必要になります
決して郵送で送るものではなく、スマートフォンで撮影した画像データで問題ありません。
つまり、誰もが気軽に開始できる状況にあると考えて良いのではないでしょうか。
「海外の業者」という点、さらには本人確認書が必要とのことで、本人確認書をわざわざ海外の業者の元にまで送付しなければならないのでは…と危惧しているユーザーもいるようですが、実際にはそのようなことはありません。

言葉の壁はどうなのか

言葉の壁はどうなのか

「海外の業者」ということで、言葉の壁を危惧しているユーザーも多いことでしょう。
この点もまた、本人確認書同様、まだオンラインカジノを始めていないユーザーにとって「高い壁」になってしまっているかもしれませんが、日本語に対応しているオンラインカジノはたくさんあります。

オンラインカジノ業者にとっても日本市場は魅力的です。
経済大国であり、且つ多くの人口を抱えている日本市場を無視するのは、オンラインカジノ業者側とすると「利益機会の損失」に繋がりますので、日本人ユーザー獲得のために、日本語対応しているオンラインカジノは多々あります。

実際、オンラインカジノのホームページにアクセスしてみると、日本語で表示されている業者は珍しくありません。
さらには日本語表示だけではなく、チャット、メール等による日本語での対応を行っているオンラインカジノ業者もありますので、分からないことがあれば日本語にて質問ができますし、日本語で返答がきます。

オンラインカジノを利用してみると分かるのですが、「海外のサービス」であることを感じさせるケースはそうそうありません。
つまり、まだオンラインカジノを始めていないユーザーの「言葉の壁があるのでは」という不安は、既に解消されているものなのです。

送金サービスについて

送金サービスについて

オンラインカジノを始めるにあたって、ハードルが高い…とまでは言いませんが、登録以上に億劫に感じる人が多いのが送金サービスです。
オンラインカジノの原理として、オンラインカジノに登録した後、オンラインカジノのアカウントに軍資金を入金することになります。
しかし、銀行や信用金庫等、国内の金融機関からダイレクトにオンラインカジノのアカウントに入金することができません。
そのため、送金サービスに登録することになります。

流れとして、国内の金融機関から送金サービスに入金し、送金サービスからオンラインカジノのアカウントに入金する形になります。
この点にハードルの高さを感じているユーザーも多いかと思いますが、送金サービスは一度登録するのみですし、様々なオンラインカジノ業者に対応していますので、異なるオンラインカジノ業者に登録する度にわざわざ送金サービスに登録する必要性はありません。

送金サービスそのものには馴染みが無いとしても、機能としては銀行の入出金と変わりませんので、一度使うことで、決して難しいものではないことが分かることでしょう。
つまり、送金サービスもまた、決して利用を躊躇するようなものではありません。

送金サービスもいくつかありますが、現実的にはエコペイズ、アイウォレット、ヴィーナスポイントの三択になりますので、「無数にある送金サービス業者の中から信頼できる業者を選ぶ」ではありません。
この点でもオンラインカジノが決して開始のハードルの高い物ではないことが分かるのではないでしょうか。

まとめ

オンラインカジノは海外のサービスであることは間違いありませんので、ハードルの高さを感じてしまうのも、特にこれまでオンラインカジノ未経験のユーザーであれば不思議ではありません。
しかし、実際にはオンラインカジノは決して難しいサービスではないことが分かりますので、これからオンラインカジノをと考えているユーザーは、すぐにでも楽しめるコンテンツです。

信頼性の確保が集客の第一歩

オンラインカジノの信頼性が今後の鍵を握る

オンラインカジノの信頼性が今後の鍵を握る
オンラインカジノで遊んでいるユーザーは信頼性が高いと考えていますが、遊んでいないユーザーからすれば、オンラインカジノは危ないサイトではないかと考えられています。
中には信用できないと判断されている悪質なオンラインカジノも存在しており、排除が必要です。
今後は信頼性が大きなカギを握っているのは間違いないでしょう。

信頼されないようなオンラインカジノが多くなってしまうと、どんどんオンラインカジノ業界全体が下火になってしまい、遊ばれなくなってしまいます。
危ないサイトを排除して、いいサイトだけを残すような状況を作らなければ、オンラインカジノ業界はどんどん厳しい立場に立たされてしまいます。

何よりも信頼性を確保することが必要

何よりも信頼性を確保することが必要
オンラインカジノは信頼性が確保されなければどんどん遊ばれなくなってしまいます。
遊んでもらうためにはどんどんオンラインカジノで遊んでもらえるように、安心できる環境を整備しなければなりません。
大手のオンラインカジノはすでに遊びやすい環境整備に取り組んでいますが、小さいオンラインカジノを中心に信頼性確保のために行動できない状況が続いており、遊びづらい環境が整備されているのは事実です。

今後は遊びやすい環境が求められます。
信頼性がしっかり確保できなかった場合、オンラインカジノの信頼はほとんどない状態となり、オンラインカジノのユーザーは別のギャンブルに逃げてしまいます。

ギャンブル系のサービスはネット上にどんどん進出しているため、信頼性が得られなければオンラインカジノのユーザーは減り、他のギャンブルが盛り上がってしまいます。
折角遊びやすい環境を整えているのに、ユーザーが信頼できないと判断だけで遊ばれない問題は避けなければなりません。

オンラインカジノとしては、できる限り安心して遊べるだけの環境整備はもちろんの事、信頼性の確保をしっかり考えて行動する必要があります。
オンラインカジノの信頼性が確保できなければ、ユーザーはどんどん不信感を抱くようになり、遊んでくれないユーザーも多々生まれるでしょう。
こうした遊んでくれない問題を避けるためにも、できる限り信頼性を確保できる環境がオンラインカジノでは求められているのです。

信頼性を確保できないカジノは排除される

信頼性が確保できないオンラインカジノは、徐々にですが排除されている現状もあります。
有名なオンラインカジノが宣伝によって多くのユーザーを確保しているのに対し、オンラインカジノでも無名なところは徐々に排除されています。
これは信頼性が確保されていないのも理由にあり、信頼性確保のための行動がしっかりできていないためにユーザーから避けられたという部分もあるのです。
今後もこうした状況は続く可能性が高くなっていきます。

信頼性をしっかり確保しているオンラインカジノは、しっかりと宣伝ができているために安心して利用できる環境が整備されますし、何よりも安全性を重要視しています。
セキュリティを確実に確保するなどして、安心して遊べる環境をしっかり整えている点がいいところです。
しかし小さいオンラインカジノを中心に宣伝等がしっかりできなかったり、セキュリティに問題を抱えた状態でオンラインカジノを運営している場合もあり、信頼性が確保できないと判断されるのです。

セキュリティ面の改善は非常に重要視されています。
セキュリティが改善されないとユーザーはしっかりと遊べない状況が生まれているのです。
問題が起きてから信頼できないと言われるのではなく、オンラインカジノ全体が安心して遊べる環境を整備しなければなりません。
セキュリティの改善は当然必要な部分でもありますので、小さいオンラインカジノでもしっかり改善させられるだけの安心感をしっかりと確保し、行動できるかが重要になっていきます。
できなければ排除されるだけです。

排除されたオンラインカジノが数多くあることも

排除されたオンラインカジノが数多くあることも

現在はオンラインカジノの有名どころだけが大きな利益を得ており、あまり有名ではないオンラインカジノは苦戦している傾向もあります。
情報サイトに紹介されているオンラインカジノでさえ、あまりユーザーが確保できないために利益面で苦戦している点もあるため、今後は利益を確保できる信頼性をしっかり付けなければなりません。

信頼性がなければ排除され、どんどんオンラインカジノでも無名な状態に陥ってしまいます。
排除されていくオンラインカジノの多くは、知名度を向上させられないというよりも問題を起こし、オンラインカジノでも危ないサイトとして扱われた傾向があります。

オンラインカジノの多くは、信頼されるための行動を取らなければなりません。
信頼されないような行動を取って、ユーザーに不信感を抱かせるようなオンラインカジノは避けなければなりません。
現在でも業界全体として、セキュリティやサービスの向上はとても重要なポイントとして扱われているのです。

億万長者が量産される仕組み

億万長者を簡単に狙えるオンラインカジノ

億万長者を簡単に狙えるオンラインカジノ

億万長者になりたいと考える方で、気軽に挑戦したいと考えるならオンラインカジノでしょう。
他のギャンブルよりも的中率が高いほか、ペイアウト率が高く設定されています。
かなり高配当を実現できる良さを持っているため、オンラインカジノで大金を手に入れて出金させれば色々なものに使えるでしょう。

オンラインカジノのサービスは、億万長者を狙いたい方にお勧めできるほか、一発逆転を狙いたいユーザーにもおすすめです。
ほんの数分で人生が変わるくらい、大きな配当を得られる可能性もあるのです。

オンラインカジノの配当は上限が存在しない

オンラインカジノの配当は上限が存在しない

オンラインカジノにはジャックポットと呼ばれるシステムが用意されています。
これまでにユーザーが使った金額を配当金に上乗せし、最終的に的中したユーザーに全てを支払うという方法です。
ジャックポットを得られたユーザーは、現時点で残されている配当金をすべて得られます。
この金額は無制限に設定できるため、オンラインカジノがジャックポットに上限を設けていなかった場合、10億円でも20億円でも積み上げられます。

つまりジャックポットを得られれば、とんでもない金額が1度に手に入る可能性があります。
これまでにない金額が1回で手に入ると、興奮すると同時にお金の出金をどうすればいいか迷うかもしれません。
オンラインカジノでは一気に億単位の金額を出金できるサービスは用意されていませんが、何度かに分けて出金できるので億単位の配当も出金可能です。
オンラインカジノ側に指定された方法を使い、ゆっくりとお金を出金させれば億万長者として生活できるでしょう。

ジャックポット以外にも、上限が決められているゲームに挑戦すれば、1回のゲームで100万円程度の配当を得られる場合もあります。
特に賭けられる金額が高いブラックジャックなどは、配当金がとんでもない数字に変わる場合も多いのです。
中には1回のゲームで200万円以上の配当を確保できるVIP用のゲームも用意されており、より高い金額を使う代わりに大きな配当を得るチャンスが期待できるのです。
これがオンラインカジノの強みと言えるでしょう。

数十円の元手で1億円以上の配当を得られる場合もある

オンラインカジノの場合、使った金額の倍以上を支給する方法で配当が得られます。
2倍の配当であれば、使った金額の倍を返してもらえます。
100円を使えば200円程度しか受け取れませんが、100万円を使えば200万円を返してもらえます。
高配当を得たいと思っているなら、オンラインカジノで賭ける金額を増やせばいいのです。
倍率の低いゲームに挑戦したとしても、賭けに使用した金額が多ければ多いほど最終的に返される金額はかなり多くなるでしょう。

数十円の元手で1億円以上の配当を得られる場合もある

その一方で、数円程度の金額で1億円以上の配当を得られる場合もあります。
スロットマシンは、例え少額でも高配当を得られる仕組みが用意されています。
数円~数十円でジャックポットを引き出せれば、とんでもない配当を自分のものにできます。
ただ確率としては非常に低いため、そう簡単に的中すると考えないほうがいいでしょう。
しかしながら、数円で1億円以上の金額が支給されるとなれば、すごく簡単に億万長者までたどり着く可能性があります。

少額でも高配当を得られるオンラインカジノは、様々な遊び方で楽しめる点が魅力的なところです。
少額で億万長者を狙う方法もあれば、大きなお金を使って億万長者を狙う方法もあります。
どのような方法でも億万長者まで狙えるのはかなりいいところであり、ギャンブルで成功したいのであればオンラインカジノを選んだほうがいいでしょう。
これまでにない高配当を得られるのは、日本のギャンブルでは実現しないポイントです。

億万長者になったら税金で支払うことに

オンラインカジノは税金控除の対象ではありませんので、得られた金額は出金された段階で税金の対象となります。
オンラインカジノの口座内に残っているなら、それはまだ現金化されていないので税金の対象にできないのですが、お金を出してしまったら税金を支払うこととなります。
オンラインカジノの場合、高配当となるケースが多いため、1億円以上の配当を得るとかなりの税金を支払わなければなりません。

高額配当を得られる代わりに、税金の部分で影響が出る恐れもあるのがオンラインカジノです。
せっかく得られた配当をかなり使いこんでいると、税金を払えずに破産する可能性があります。
もし億単位の配当を得られているなら、あまりお金を使わないようにして税金の支払いを考えたほうがいいでしょう。
税金をしっかり払えないと大きな問題に直面します。

億単位の配当のメリットは大きく、オンラインカジノではいきなり多くのお金を手にできる可能性があります。
しかし税金の対象であると同時に、オンラインカジノでは税金に関連する書類等を作ってくれない可能性・問題点があります。
自分で確定申告等の申請を行い、税額を確認しておきましょう。

解決を願ってやまない留意点

ギャンブル依存症の問題とオンラインカジノ

ギャンブル依存症の問題とオンラインカジノ

ギャンブル依存症とは過程アディクションの一つで、ギャンブル行為に必要以上にのめり込み、破滅してしまうという症状を指します。

ギャンブル依存症になってしまえば、歯止めが効かず自分の意志ではけして止めることは出来ません。
日本にギャンブル依存の傾向がある方は、現在年間で54万人以上といわれています。
こちらは公営ギャンブルのみが統計として出ているので、オンラインカジノは含まれていません。
しかし、オンラインカジノというギャンブルは中毒性が高く、パチンコやスロット、競馬以上にギャンブル依存症になりやすいと言われています。

パチンコやスロットなどのギャンブルとの大きな違いの一つとして、勝ち負けの際のリターンの大きさの違いがあります。
オンラインカジノには、ボーナスゲームやジャックポットなどの要素がありますので、その影響がより大きくなりやすいです。

さらにオンラインカジノの最大の特徴として、現金ではなく、クレジットカードで決済ができるという特徴があります。
クレジットカードの場合、手持ちの現金がなくても後払いができるという利便性がある反面、金銭感覚が狂ってしまいやすいという側面を持っています。
気がついたときには許容範囲以上の金額を使い切ってしまい、後から返済に困ってしまうというケースも多発しています。

ギャンブル依存症を断ち切るためには、ただちに自分ひとりでは悩まずに、専門機関や病院へ相談をするようにしましょう。

スパム広告の存在

スパム広告とは本人の意向に沿わず一方的に送りつけられてくる広告のことをいいます。
オンラインカジノにおいて、このスパム広告がよく見受けられています。
掲示板に執拗に貼り付けられたり、ブログのコメント欄に貼り付けられたりと、あちこちで見かける機会が増えています。

これは悪質なウェブオーナーによる行為なのですが、一部のオンラインカジノのせいで、業界全体がマイナスなイメージで見られてしまうのは非常に残念なことです。
業界全体では、オンラインカジノのイメージアップのために、スパム広告の根絶が求められています。

スパム広告の蔓延は、オンラインカジノのイメージダウンに繋がっていますので、早急に解決するための対策が必要になっています。

サポート体制の脆弱さ

サポート体制の脆弱さ

オンラインカジノで現在遊んでいる方の中には、サポートに満足をしてないという方が結構いるようです。
サポート体制の不備、脆弱性はオンラインカジノ業界でも課題となっています。

ギャンブル業界が市民権を得るためには、他のサービス産業と同様に、安心できるサービスをプレイヤーへと提供する必要があります。
ところが、オンラインカジノの中には、客を客とも思わぬような対応をしたり、そもそも問い合わせに応じず、時間がかかってしまうというケースもあります。
慣れていなければ、問い合わせにも苦労をしてしまったり、入出金トラブルが発生し、必要とされるサポートが得られないこともあります。

オンラインカジノの場合、サポートが低レベルですので、プレイヤーの不満が募りやすいというのが難点です。
日本語によるサポートを行っている業者も増えていますが、サービスやサポートの脆弱性はオンラインカジノの課題であり、今後改善や対策が期待されています。

副業で稼げるという誤解

オンラインカジノは、たびたび誇大広告が打ち出されています。
「絶対に稼げる」だとか「副業として稼げる」という風に宣伝されているケースが多いです。
また情報商材として必勝法なんかが販売されていることもあります。
オンラインカジノのこのような宣伝によって、オンラインカジノなら、確実に勝てると思い込んでいる人も一定数存在しています。

オンラインカジノの事業者は慈善事業でカジノを運営しているのではなく、利益重視で運営をしています。
絶対に勝てるという気持ちでオンラインカジノに手を出してしまうと、借金に繋がってしまったり、破産してしまったりする可能性もあります。

あくまでもギャンブルであり、絶対に勝てるというわけではないのですが、このような誇大広告によって、オンラインカジノなら、絶対に勝てるだろうと妄信しているプレイヤーが存在するのは問題です。

インカジなどの悪質カジノの存在

インカジなどの悪質カジノの存在

優良なオンラインカジノで遊べば、プレイヤーも安全に遊べるわけですが、実はオンラインカジノの世界は玉石混交であり、悪質なカジノも多く存在しています。
こういったところに登録をしてしまえば、ギャンブル以前の問題でそもそも勝つことが出来ず、お金を失ってしまったり、あるいは個人情報が流出してしまうなどの危険性もありますので注意をしましょう。

また、違法カジノといえば、インカジの存在があります。
オンラインカジノを違法にお店で提供しているインカジは、賭博の場所を提供していることから、賭博罪に引っかかってしまいます。
このため、摘発の対象となっています。
悪質カジノには、さまざまな形態がありますので、けして手を出さないようにしましょう。