「オンラインカジノ分析」カテゴリーアーカイブ

オンラインカジノは魅力が詰まったギャンブル

海外政府に認められている合法ギャンブル

海外政府に認められている合法ギャンブル
オンラインカジノは海外では大人気のギャンブルで、運営会社の中には株式市場に上場しているところもあり、国によっては国民的なギャンブルと言っても過言ではないほど高い人気を誇っています。
オンラインカジノがこれほどまでの人気を得ている一番の理由は安全性の高さにあります。

オンラインカジノは海外政府よりライセンスを受けて運営している合法ギャンブルです。
ライセンスの取得審査はとても厳しく、ライセンス発行国によっては従業員一人一人の素性までチェックを行うので、常日頃からしっかりとした管理体制を敷いている企業でなければライセンスを取得することができません。

また、ライセンスを取得し運営を開始してからはライセンスを発行した海外政府により監視されることになるので、ライセンスを保有しているオンラインカジノはいつでも安全に遊ぶことができます。
そして、オンラインカジノの多くは第三者監査機関の監査を定期的に受けているので、その安全性については外部機関によってもしっかりと証明されています。
このような安全性に遊べる環境が整っているため、オンラインカジノは誰でも遊びやすいギャンブルとして高い人気を得ています。

96%以上の高すぎるペイアウト率

96%以上の高すぎるペイアウト率
ギャンブルには勝ちやすさを表す数値が設定されています。
その数値はペイアウト率というもので、いくら使えばいくらくらい戻ってくるということを表しています。

たとえば、ペイアウト率が50%だとすると、これは使った金額の半分が戻ってくることを意味しています。
日本のギャンブルにもペイアウト率が設定されていて、パチンコとパチスロは80%、競馬、競輪、競艇、オートレースは70%、宝くじは40%と決められています。
このペイアウト率で見ると、パチンコは使った金額の8割が戻ってくることになりますが、宝くじの場合は使った金額の4割しか戻ってこないことになるので、利益の面だけで考えれば断然パチンコを選んだ方が利益を残すことができます。

オンラインカジノにもペイアウト率が設定されていますが、そのペイアウト率は96%以上となっています。
この96%以上というのは、ゲームによっては99%という限りなく100%に近いペイアウト率で勝負できるものもあるからです。

どんなギャンブルにしても、運営側に利益が出るようにできています。
そうでなければ運営を続けていけないので、これは当然のことです。

オンラインカジノの場合、ペイアウト率が96%以上となっているので、運営側に入る利益は利用者が使った金額のわずか4%程度しかありません。
この利益でなぜ運営を続けていられるのかというと、それは運営費用をそれほど必要としないからです。

実際にカジノを運営するとなると、その運営費用は莫大なものとなります。
ディーラーからボーイまで従業員も多く雇わなければいけませんし、豪華なイメージを演出するため光熱費も驚くほど高額になります。

その他にも家賃も必要となりますし、ゲーム機器のメンテナンス費用も必要となります。
オンラインカジノの場合はこうした費用がほとんどかからないので、こうした費用が安く済んでいる分ペイアウト率を高くすることができています。

20億円以上の高額賞金獲得が可能

オンラインカジノはオンラインのカジノゲームでギャンブルを行うのですが、得られる賞金は実際のカジノにも引けを取りません。
オンラインカジノの特徴の一つでもありますが、オンラインカジノにはベットする度にそのベット額の一部が積み立てられていくジャックポットというシステムがあります。

ジャックポットはスロットマシーンに搭載されていて、その最大賞金額はなんと20億円を超えます。
過去には日本人プレイヤーが数千万円のジャックポットを引き当てたという例もあります。
このジャックポットはありがたいことに、現在いくら賞金が貯まっているかが公開されているので、その時にもっとも賞金が貯まっているジャックポット搭載機を選べば、宝くじを超える一攫千金を狙うことができます。
このように実際のカジノと比べても引けを取らない高額賞金も用意されているため、海外では多くのプレイヤーが日々ジャックポットを引き当てようとスロットマシーンをプレイしています。

24時間好きなタイミングでプレイできる

24時間好きなタイミングでプレイできる
パチンコでも競馬でもギャンブルを行うとする場合、まずはそのギャンブルが開催されている日、時間にスケジュールを合わせる必要があります。
そのため、仕事をはじめ予め予定が入っている場合はまた次の機会を窺わなければなりません。
オンラインカジノの場合は、そうした他のギャンブルとは違い24時間運営となっているのでいつでも利用したいと思ったその時にギャンブルを行うことができます。
しかも24時間運営に加えて365日無休となっているので、大晦日や元旦であっても利用することができます。
そして、現在のオンラインカジノはモバイルからのアクセスも可能となっているので、時間だけではなく場所も問わず利用することができます。
こうした24時間365日、時間、場所問わずに利用できるということもオンラインカジノの魅力であると言えるでしょう。

国際的な法解釈に基づく違法性の無さ

国際的な法解釈に基づく違法性の無さ
言うまでもなく、日本国内ではカジノは禁止されています。
IR法案が動き出しているとはいえ、それでもカジノの設置場所が限定される見通しである以上、「どこででも楽しめるもの」にはならないことが予想されます。

また、カジノに限らず、日本国内では競馬や競艇といった公営ギャンブル以外は禁止されています。
そのため、オンラインカジノに関しても「違法だ」と考える人が多いのも分からない話ではありませんが、オンラインカジノに関しては少々話がややこしいです。

オンラインカジノはインターネット上のカジノ

まず、オンラインカジノがどのようなものなのかといえば、インターネット上で楽しめるカジノです。
インターネット上ではあっても、従来のカジノ同様高いペイアウトにより、他のギャンブルとは比べ物にならない高配当を手にできます。

一晩で何百万も勝利したという報告など、オンラインカジノの世界では決して珍しいものではありません。
現実世界ではラスベガスやマカオなど、カジノが認められている国でなければ楽しめないものが、インターネット上で気軽に楽しめるとあって高い人気を集めています。
オンラインカジノはインターネット上のカジノ
しかし、日本ではギャンブルは違法。
この点から、オンラインカジノに関しては専門家の間でも様々な解釈がなされています。

インターネット上の法解釈

オンラインカジノが違法なのか合法なのかを考えるに当たって、参考となるのが他のインターネット上の法規範です。

国際的に、インターネット上の法規範は基本的にサーバーが置かれている国に準拠しています。
例えば、日本のコンテンツの多くは日本のサーバーに置かれていますので、日本の法律が適用されます。
文章表現・使用する画像等、全てに於いて日本の法律に基づいたものとなっています。
そのため、日本のサーバーでオンラインカジノが運営されていれば間違いなく違法です。

しかし、オンラインカジノの多くは海外のサーバーで運営されています。
更に付け加えると、カジノが合法な国のサーバーにて運営されています。
つまり、インターネット上の方解釈的には「違法ではない」ことが分かります。

法解釈とオンラインカジノ

法解釈として分かりやすく説明すると、法律は国籍ではなく、場所に基くものです。
日本人がアメリカに足を運んだら、アメリカの法律を遵守することになります。
もちろんこれはアメリカだけではなく、訪れた国の法律を遵守するという意味です。
法解釈とオンラインカジノ
一例として、ドイツのアウトバーンが挙げられます。
日本の高速道路にあたるアウトバーンは、場所によっては速度無制限です。
日本人が現地で車を運転し、それこそ200km/hで走ろうとも「合法」です。
日本国内で200km/hも出そうものなら違法ですが、アウトバーンであれば何人であっても合法です。

インターネット上がサーバーが置かれている国の法律に基づくのも、サーバーまで「アクセス」しているので、サーバーが置かれている国の法律に基づくことになります。
しかし、インターネット上のコンテンツがどの国のサーバーで運営されているのかなど、普通に閲覧しているだけでは分からないものです。

そのため、オンラインカジノに対して「違法だ」と主張する人がいるのも不思議ではありませんが、実際オンラインカジノは多くが先にもお伝えしたようにカジノが合法な国のサーバーで運営されています。
理屈としては、ラスベガスやマカオなどカジノが合法な国まで足を運んで、その上でカジノを楽しんでいるのと同じです。

日本国内では禁止されているとしても、現地でどれだけ楽しんでも問題ありません。
帰国して急に空港で逮捕されるといったこともありません。

法律の弱点が露呈している部分でもある

このような議論が出るのも、法律がインターネットを意識して作られていないからです。
法律ができた時代、まさかその後インターネットが誕生するなどとは思ってもいませんでしたので、オンラインカジノだけに限らず、法律がインターネットを想定できていないものは多々あります。

そのため、オンラインカジノに関しても違法なのか合法なのかで度々議論されているのですが、基本的にはサーバーの置かれている国でという点になりますので、オンラインカジノを楽しんでも良いという声が圧倒的です。

むしろオンラインカジノが違法なものであれば、国内でこれだけ大きな人気を獲得するには至っていないでしょう。
ネットメディア等で取り上げられることがあるのも、基本的には「白」だからこそです。

まとめ

オンラインカジノの法解釈は法律が追い付いていないからこそ難しい部分があるのも事実ですが、基本的にはサーバーが置かれている国に基くものとなっています。
日本国内のサーバーで営業しているオンラインカジノがないことを考えると、オンラインカジノは違法ではなく、安心して楽しめるコンテンツだと考えて良いのではないでしょうか。
但し、オンラインカジノに関するニュースには敏感になっておくべきでしょう。

意外に容易く始められるギャンブル

世界的な広がりを見せているオンラインカジノ。
日本国内でも多くのユーザーを抱えていると共に、その手軽さから何らかのきっかけでオンラインカジノの存在を知り、興味を持ったというユーザーも珍しくありません。

一方でオンラインカジノは海外のサービスになりますので、その点に於いて躊躇しているという人もいるのではないでしょうか。
本当はすぐにでもオンラインカジノを楽しんでみたいけど、でも海外のものだから面倒そう…。
そんな思いを抱えているユーザーは、それが「誤解」だと分かります。

オンラインカジノを始めるにあたって

オンラインカジノを始めるにあたって

オンラインカジノを始めるにあたって必要なものはいくつかあります。
オンラインカジノは様々な業者が用意していますので、業者によって微妙に異なるものがあるのも事実ではありますが、基本的にメールアドレスと本人確認書さえあれば登録が可能です。

メールアドレスは誰もが持っているかと思いますが、問題は本人確認書です。
オンラインカジノはギャンブルになりますので、未成年ではないことを証明しなければならないので、どのオンラインカジノでも本人確認書が必要になります
決して郵送で送るものではなく、スマートフォンで撮影した画像データで問題ありません。
つまり、誰もが気軽に開始できる状況にあると考えて良いのではないでしょうか。
「海外の業者」という点、さらには本人確認書が必要とのことで、本人確認書をわざわざ海外の業者の元にまで送付しなければならないのでは…と危惧しているユーザーもいるようですが、実際にはそのようなことはありません。

言葉の壁はどうなのか

言葉の壁はどうなのか

「海外の業者」ということで、言葉の壁を危惧しているユーザーも多いことでしょう。
この点もまた、本人確認書同様、まだオンラインカジノを始めていないユーザーにとって「高い壁」になってしまっているかもしれませんが、日本語に対応しているオンラインカジノはたくさんあります。

オンラインカジノ業者にとっても日本市場は魅力的です。
経済大国であり、且つ多くの人口を抱えている日本市場を無視するのは、オンラインカジノ業者側とすると「利益機会の損失」に繋がりますので、日本人ユーザー獲得のために、日本語対応しているオンラインカジノは多々あります。

実際、オンラインカジノのホームページにアクセスしてみると、日本語で表示されている業者は珍しくありません。
さらには日本語表示だけではなく、チャット、メール等による日本語での対応を行っているオンラインカジノ業者もありますので、分からないことがあれば日本語にて質問ができますし、日本語で返答がきます。
オンラインカジノを利用してみると分かるのですが、「海外のサービス」であることを感じさせるケースはそうそうありません。
つまり、まだオンラインカジノを始めていないユーザーの「言葉の壁があるのでは」という不安は、既に解消されているものなのです。

送金サービスについて

送金サービスについて

オンラインカジノを始めるにあたって、ハードルが高い…とまでは言いませんが、登録以上に億劫に感じる人が多いのが送金サービスです。
オンラインカジノの原理として、オンラインカジノに登録した後、オンラインカジノのアカウントに軍資金を入金することになります。
しかし、銀行や信用金庫等、国内の金融機関からダイレクトにオンラインカジノのアカウントに入金することができません。
そのため、送金サービスに登録することになります。

流れとして、国内の金融機関から送金サービスに入金し、送金サービスからオンラインカジノのアカウントに入金する形になります。
この点にハードルの高さを感じているユーザーも多いかと思いますが、送金サービスは一度登録するのみですし、様々なオンラインカジノ業者に対応していますので、異なるオンラインカジノ業者に登録する度にわざわざ送金サービスに登録する必要性はありません。
送金サービスそのものには馴染みが無いとしても、機能としては銀行の入出金と変わりませんので、一度使うことで、決して難しいものではないことが分かることでしょう。
つまり、送金サービスもまた、決して利用を躊躇するようなものではありません。

送金サービスもいくつかありますが、現実的にはエコペイズ、アイウォレット、ヴィーナスポイントの三択になりますので、「無数にある送金サービス業者の中から信頼できる業者を選ぶ」ではありません。
この点でもオンラインカジノが決して開始のハードルの高い物ではないことが分かるのではないでしょうか。

まとめ

オンラインカジノは海外のサービスであることは間違いありませんので、ハードルの高さを感じてしまうのも、特にこれまでオンラインカジノ未経験のユーザーであれば不思議ではありません。
しかし、実際にはオンラインカジノは決して難しいサービスではないことが分かりますので、これからオンラインカジノをと考えているユーザーは、すぐにでも楽しめるコンテンツです。

信頼性の確保が集客の第一歩

オンラインカジノの信頼性が今後の鍵を握る

オンラインカジノの信頼性が今後の鍵を握る

オンラインカジノで遊んでいるユーザーは信頼性が高いと考えていますが、遊んでいないユーザーからすれば、オンラインカジノは危ないサイトではないかと考えられています。
中には信用できないと判断されている悪質なオンラインカジノも存在しており、排除が必要です。
今後は信頼性が大きなカギを握っているのは間違いないでしょう。

信頼されないようなオンラインカジノが多くなってしまうと、どんどんオンラインカジノ業界全体が下火になってしまい、遊ばれなくなってしまいます。
危ないサイトを排除して、いいサイトだけを残すような状況を作らなければ、オンラインカジノ業界はどんどん厳しい立場に立たされてしまいます。

何よりも信頼性を確保することが必要

何よりも信頼性を確保することが必要

オンラインカジノは信頼性が確保されなければどんどん遊ばれなくなってしまいます。
遊んでもらうためにはどんどんオンラインカジノで遊んでもらえるように、安心できる環境を整備しなければなりません。

大手のオンラインカジノはすでに遊びやすい環境整備に取り組んでいますが、小さいオンラインカジノを中心に信頼性確保のために行動できない状況が続いており、遊びづらい環境が整備されているのは事実です。
今後は遊びやすい環境が求められます。
信頼性がしっかり確保できなかった場合、オンラインカジノの信頼はほとんどない状態となり、オンラインカジノのユーザーは別のギャンブルに逃げてしまいます。
ギャンブル系のサービスはネット上にどんどん進出しているため、信頼性が得られなければオンラインカジノのユーザーは減り、他のギャンブルが盛り上がってしまいます。
折角遊びやすい環境を整えているのに、ユーザーが信頼できないと判断だけで遊ばれない問題は避けなければなりません。

オンラインカジノとしては、できる限り安心して遊べるだけの環境整備はもちろんの事、信頼性の確保をしっかり考えて行動する必要があります。
オンラインカジノの信頼性が確保できなければ、ユーザーはどんどん不信感を抱くようになり、遊んでくれないユーザーも多々生まれるでしょう。
こうした遊んでくれない問題を避けるためにも、できる限り信頼性を確保できる環境がオンラインカジノでは求められているのです。

信頼性を確保できないカジノは排除される

信頼性が確保できないオンラインカジノは、徐々にですが排除されている現状もあります。
有名なオンラインカジノが宣伝によって多くのユーザーを確保しているのに対し、オンラインカジノでも無名なところは徐々に排除されています。
これは信頼性が確保されていないのも理由にあり、信頼性確保のための行動がしっかりできていないためにユーザーから避けられたという部分もあるのです。
今後もこうした状況は続く可能性が高くなっていきます。

信頼性をしっかり確保しているオンラインカジノは、しっかりと宣伝ができているために安心して利用できる環境が整備されますし、何よりも安全性を重要視しています。
セキュリティを確実に確保するなどして、安心して遊べる環境をしっかり整えている点がいいところです。
しかし小さいオンラインカジノを中心に宣伝等がしっかりできなかったり、セキュリティに問題を抱えた状態でオンラインカジノを運営している場合もあり、信頼性が確保できないと判断されるのです。

セキュリティ面の改善は非常に重要視されています。
セキュリティが改善されないとユーザーはしっかりと遊べない状況が生まれているのです。
問題が起きてから信頼できないと言われるのではなく、オンラインカジノ全体が安心して遊べる環境を整備しなければなりません。
セキュリティの改善は当然必要な部分でもありますので、小さいオンラインカジノでもしっかり改善させられるだけの安心感をしっかりと確保し、行動できるかが重要になっていきます。
できなければ排除されるだけです。

排除されたオンラインカジノが数多くあることも

排除されたオンラインカジノが数多くあることも

現在はオンラインカジノの有名どころだけが大きな利益を得ており、あまり有名ではないオンラインカジノは苦戦している傾向もあります。
情報サイトに紹介されているオンラインカジノでさえ、あまりユーザーが確保できないために利益面で苦戦している点もあるため、今後は利益を確保できる信頼性をしっかり付けなければなりません。
信頼性がなければ排除され、どんどんオンラインカジノでも無名な状態に陥ってしまいます。

排除されていくオンラインカジノの多くは、知名度を向上させられないというよりも問題を起こし、オンラインカジノでも危ないサイトとして扱われた傾向があります。
オンラインカジノの多くは、信頼されるための行動を取らなければなりません。信頼されないような行動を取って、ユーザーに不信感を抱かせるようなオンラインカジノは避けなければなりません。
現在でも業界全体として、セキュリティやサービスの向上はとても重要なポイントとして扱われているのです。

億万長者が量産される仕組み

億万長者を簡単に狙えるオンラインカジノ

億万長者を簡単に狙えるオンラインカジノ

億万長者になりたいと考える方で、気軽に挑戦したいと考えるならオンラインカジノでしょう。
他のギャンブルよりも的中率が高いほか、ペイアウト率が高く設定されています。
かなり高配当を実現できる良さを持っているため、オンラインカジノで大金を手に入れて出金させれば色々なものに使えるでしょう。

オンラインカジノのサービスは、億万長者を狙いたい方にお勧めできるほか、一発逆転を狙いたいユーザーにもおすすめです。
ほんの数分で人生が変わるくらい、大きな配当を得られる可能性もあるのです。

オンラインカジノの配当は上限が存在しない

オンラインカジノの配当は上限が存在しない

オンラインカジノにはジャックポットと呼ばれるシステムが用意されています。
これまでにユーザーが使った金額を配当金に上乗せし、最終的に的中したユーザーに全てを支払うという方法です。
ジャックポットを得られたユーザーは、現時点で残されている配当金をすべて得られます。
この金額は無制限に設定できるため、オンラインカジノがジャックポットに上限を設けていなかった場合、10億円でも20億円でも積み上げられます。

つまりジャックポットを得られれば、とんでもない金額が1度に手に入る可能性があります。
これまでにない金額が1回で手に入ると、興奮すると同時にお金の出金をどうすればいいか迷うかもしれません。
オンラインカジノでは一気に億単位の金額を出金できるサービスは用意されていませんが、何度かに分けて出金できるので億単位の配当も出金可能です。
オンラインカジノ側に指定された方法を使い、ゆっくりとお金を出金させれば億万長者として生活できるでしょう。

ジャックポット以外にも、上限が決められているゲームに挑戦すれば、1回のゲームで100万円程度の配当を得られる場合もあります。
特に賭けられる金額が高いブラックジャックなどは、配当金がとんでもない数字に変わる場合も多いのです。
中には1回のゲームで200万円以上の配当を確保できるVIP用のゲームも用意されており、より高い金額を使う代わりに大きな配当を得るチャンスが期待できるのです。
これがオンラインカジノの強みと言えるでしょう。

数十円の元手で1億円以上の配当を得られる場合もある

オンラインカジノの場合、使った金額の倍以上を支給する方法で配当が得られます。
2倍の配当であれば、使った金額の倍を返してもらえます。
100円を使えば200円程度しか受け取れませんが、100万円を使えば200万円を返してもらえます。
高配当を得たいと思っているなら、オンラインカジノで賭ける金額を増やせばいいのです。
倍率の低いゲームに挑戦したとしても、賭けに使用した金額が多ければ多いほど最終的に返される金額はかなり多くなるでしょう。

数十円の元手で1億円以上の配当を得られる場合もある

その一方で、数円程度の金額で1億円以上の配当を得られる場合もあります。
スロットマシンは、例え少額でも高配当を得られる仕組みが用意されています。
数円~数十円でジャックポットを引き出せれば、とんでもない配当を自分のものにできます。
ただ確率としては非常に低いため、そう簡単に的中すると考えないほうがいいでしょう。
しかしながら、数円で1億円以上の金額が支給されるとなれば、すごく簡単に億万長者までたどり着く可能性があります。

少額でも高配当を得られるオンラインカジノは、様々な遊び方で楽しめる点が魅力的なところです。
少額で億万長者を狙う方法もあれば、大きなお金を使って億万長者を狙う方法もあります。
どのような方法でも億万長者まで狙えるのはかなりいいところであり、ギャンブルで成功したいのであればオンラインカジノを選んだほうがいいでしょう。
これまでにない高配当を得られるのは、日本のギャンブルでは実現しないポイントです。

億万長者になったら税金で支払うことに

オンラインカジノは税金控除の対象ではありませんので、得られた金額は出金された段階で税金の対象となります。
オンラインカジノの口座内に残っているなら、それはまだ現金化されていないので税金の対象にできないのですが、お金を出してしまったら税金を支払うこととなります。
オンラインカジノの場合、高配当となるケースが多いため、1億円以上の配当を得るとかなりの税金を支払わなければなりません。

高額配当を得られる代わりに、税金の部分で影響が出る恐れもあるのがオンラインカジノです。
せっかく得られた配当をかなり使いこんでいると、税金を払えずに破産する可能性があります。
もし億単位の配当を得られているなら、あまりお金を使わないようにして税金の支払いを考えたほうがいいでしょう。
税金をしっかり払えないと大きな問題に直面します。

億単位の配当のメリットは大きく、オンラインカジノではいきなり多くのお金を手にできる可能性があります。
しかし税金の対象であると同時に、オンラインカジノでは税金に関連する書類等を作ってくれない可能性・問題点があります。
自分で確定申告等の申請を行い、税額を確認しておきましょう。

解決を願ってやまない留意点

ギャンブル依存症の問題とオンラインカジノ

ギャンブル依存症の問題とオンラインカジノ

ギャンブル依存症とは過程アディクションの一つで、ギャンブル行為に必要以上にのめり込み、破滅してしまうという症状を指します。

ギャンブル依存症になってしまえば、歯止めが効かず自分の意志ではけして止めることは出来ません。
日本にギャンブル依存の傾向がある方は、現在年間で54万人以上といわれています。
こちらは公営ギャンブルのみが統計として出ているので、オンラインカジノは含まれていません。
しかし、オンラインカジノというギャンブルは中毒性が高く、パチンコやスロット、競馬以上にギャンブル依存症になりやすいと言われています。

パチンコやスロットなどのギャンブルとの大きな違いの一つとして、勝ち負けの際のリターンの大きさの違いがあります。
オンラインカジノには、ボーナスゲームやジャックポットなどの要素がありますので、その影響がより大きくなりやすいです。

さらにオンラインカジノの最大の特徴として、現金ではなく、クレジットカードで決済ができるという特徴があります。
クレジットカードの場合、手持ちの現金がなくても後払いができるという利便性がある反面、金銭感覚が狂ってしまいやすいという側面を持っています。
気がついたときには許容範囲以上の金額を使い切ってしまい、後から返済に困ってしまうというケースも多発しています。

ギャンブル依存症を断ち切るためには、ただちに自分ひとりでは悩まずに、専門機関や病院へ相談をするようにしましょう。

スパム広告の存在

スパム広告とは本人の意向に沿わず一方的に送りつけられてくる広告のことをいいます。
オンラインカジノにおいて、このスパム広告がよく見受けられています。
掲示板に執拗に貼り付けられたり、ブログのコメント欄に貼り付けられたりと、あちこちで見かける機会が増えています。

これは悪質なウェブオーナーによる行為なのですが、一部のオンラインカジノのせいで、業界全体がマイナスなイメージで見られてしまうのは非常に残念なことです。
業界全体では、オンラインカジノのイメージアップのために、スパム広告の根絶が求められています。

スパム広告の蔓延は、オンラインカジノのイメージダウンに繋がっていますので、早急に解決するための対策が必要になっています。

サポート体制の脆弱さ

サポート体制の脆弱さ

オンラインカジノで現在遊んでいる方の中には、サポートに満足をしてないという方が結構いるようです。
サポート体制の不備、脆弱性はオンラインカジノ業界でも課題となっています。

ギャンブル業界が市民権を得るためには、他のサービス産業と同様に、安心できるサービスをプレイヤーへと提供する必要があります。
ところが、オンラインカジノの中には、客を客とも思わぬような対応をしたり、そもそも問い合わせに応じず、時間がかかってしまうというケースもあります。
慣れていなければ、問い合わせにも苦労をしてしまったり、入出金トラブルが発生し、必要とされるサポートが得られないこともあります。

オンラインカジノの場合、サポートが低レベルですので、プレイヤーの不満が募りやすいというのが難点です。
日本語によるサポートを行っている業者も増えていますが、サービスやサポートの脆弱性はオンラインカジノの課題であり、今後改善や対策が期待されています。

副業で稼げるという誤解

オンラインカジノは、たびたび誇大広告が打ち出されています。
「絶対に稼げる」だとか「副業として稼げる」という風に宣伝されているケースが多いです。
また情報商材として必勝法なんかが販売されていることもあります。
オンラインカジノのこのような宣伝によって、オンラインカジノなら、確実に勝てると思い込んでいる人も一定数存在しています。

オンラインカジノの事業者は慈善事業でカジノを運営しているのではなく、利益重視で運営をしています。
絶対に勝てるという気持ちでオンラインカジノに手を出してしまうと、借金に繋がってしまったり、破産してしまったりする可能性もあります。

あくまでもギャンブルであり、絶対に勝てるというわけではないのですが、このような誇大広告によって、オンラインカジノなら、絶対に勝てるだろうと妄信しているプレイヤーが存在するのは問題です。

インカジなどの悪質カジノの存在

インカジなどの悪質カジノの存在

優良なオンラインカジノで遊べば、プレイヤーも安全に遊べるわけですが、実はオンラインカジノの世界は玉石混交であり、悪質なカジノも多く存在しています。
こういったところに登録をしてしまえば、ギャンブル以前の問題でそもそも勝つことが出来ず、お金を失ってしまったり、あるいは個人情報が流出してしまうなどの危険性もありますので注意をしましょう。

また、違法カジノといえば、インカジの存在があります。
オンラインカジノを違法にお店で提供しているインカジは、賭博の場所を提供していることから、賭博罪に引っかかってしまいます。
このため、摘発の対象となっています。
悪質カジノには、さまざまな形態がありますので、けして手を出さないようにしましょう。

オンラインカジノに挑戦するには

オンラインカジノはまずはサイト選びから

オンラインカジノはまずはサイト選びから

今はオンラインカジノを始めたいという方も増えているようです。
多くの紹介サイトでもオンラインカジノが紹介されていて、その知名度自体が上がっているようです。
オンラインカジノはペイアウト率も高く、インターネットや手持ちのスマホからでも楽しめる手軽なギャンブルです。

オンラインカジノの始め方ですが、まずは、どのようなオンラインカジノがあるのかなどを探ってみることが大切です。
世界には数千ものオンラインカジノがあり、日本語の対応カジノも増えています。
しかし、全てが優良なオンラインカジノというわけではありません。

ライセンスの有無や第三者機関からの監査が入っているか、また大手のソフトウェアが採用されているかなどの判断基準で選ぶようにしましょう。

オンラインカジノのソフトのダウンロード

オンラインカジノが決まれば、次にソフトのダウンロードを行います。
ダウンロードはプレイを始めるなどのロゴをクリックし、そしてダウンロードを開始します。
ダウンロードが完了すればアイコンができますので、そちらをクリックするとインストールが出来ます。

ダウンロードはWindows対応となっていて、Macは対応されていません。
その場合はノーダウンロードタイプのブラウザで遊べるタイプのオンラインカジノもあります。
この場合、ダウンロード不要なのでいつでも楽しめますし、さらにダウンロードに問題がある場合も、手間がかからないので便利です。

ダウンロードが上手くいかない場合、たとえばセキュリティソフトに原因があることも多いので、一度試してみてください。
どうしても上手くいかない場合には、ブラウザで遊べるタイプのオンラインカジノを試してみましょう。
また、スマートフォンの場合は、ダウンロード不要でブラウザで楽しめます。

アカウントの開設と登録

オンラインカジノを始める際には、アカウントの登録が必要となります。
日本語対応のオンラインカジノであれば、日本語入力ができるので、簡単に済みます。

住所や氏名など、必要事項を入力しましょう。
この時、氏名や住所等の入力ミスや間違いがないようにしましょう。
払い戻しの際には、本人確認書類を提出して、本人かどうかの確認が行われますので、間違いがあれば、払い戻しされなくなってしまいます。

また虚偽の情報などもけして入力しないようにしましょう。
悪質であれば、ブラックリストとして、立入禁止になってしまうこともあります。

オンラインカジノへの個人情報入力が終われば、使用する通貨も選びます。
これは、エコペイズなどの電子決済サービスの通貨に合わせたほうが手数料を節約できます。
最近では、米ドルの他にも、ポンド、ユーロが使えるケースもあります。

チップを購入するためには

チップを購入するためには

次に、オンラインカジノで実際に遊ぶためにチップを購入しましょう。
オンラインカジノのキャッシャー画面から、チップ購入を選び、クレジットカードや、プリペイドカード、またエコペイズと言った入出金手段でチップ購入ができます。直接銀行送金も可能です。

クレジットカードについては使えるオンラインカジノとそうでないところがありますので、確認をしておきましょう。
また、カードは規制の影響によって、はねられてしまうこともあります。
このため、複数枚用意しておくと良いでしょう。

この際に、反映されるまで少々時間がかかることもありますので、何度もチップ購入のボタンを押したりしないように気をつけましょう。

払い戻しについて

オンラインカジノからの払い戻しの際には、銀行送金、エコペイズ、そして小切手などの方法があります。
銀行送金は、所得について質問されることもありますので、注意をしましょう。
また、小切手の場合、発行までに2~3週間時間がかかってしまうのと、手数料に3~5千円がかかりますので、あまり現実的ではありません。

いちばんオススメな手段としてはインターネットバンキングを用意しておき、外貨の貯蓄ができれば便利です。
カジノ側でも銀行側でも手数料がかかりますので、注意が必要です。

おすすめされているのがエコペイズや、アイウォレットと言った電子決済サービスです。
手数料も格安で瞬時に送金をすることが出来ますし、入出金のどちらも管理をすることが出来ます。
長くオンラインカジノでプレイをするなら、エコペイズの口座を作成しておくようにしましょう。

本人確認書類の提出が必要になる

本人確認書類の提出が必要になる

オンラインカジノで払い戻しを受けるためには、本人確認書類の提出が必要となります。
たとえば、運転免許証や保険証などがありますが、パスポートは英語のため、最も通用しやすいです。

また、それと同時に、住所確認が必要になるので、公共料金の明細書なども用意しておくと良いでしょう。
メールやFAXで提出になりますので、FAXがない場合には、スキャナーを用意しておくと綺麗に読み込みができるので、便利になります。

危険性の把握に常に気を配る

悪質カジノを見分けることが必要

悪質カジノを見分けることが必要

オンラインカジノの世界は、まさに玉石混交の世界となっています。
数千ものオンラインカジノがある中でしっかりとカジノ選定をしなければ、詐欺やイカサマがあったり、払い戻しをして貰えなかったり、被害に遭ってしまう可能性があります。
それどころか、迷惑メールなどのスパム広告が大量に送りつけられてきたりするケースもあるようです。

支払いをしないというのは明らかに悪意ある行為ですが、わざと支払いが遅延したり、サポートが無視をするというケースもあります。

悪質カジノはぱっと見ただけで分かる?

たとえば、悪質カジノの見分け方ですが、ホームページを見ただけである程度判断をすることが可能です。
悪質カジノは、ホームページでもライセンスのマークが記載されておらず、どこにもソフトウェアの情報が記載されていないことが多いです。
誤字や脱字があったり、長く更新されていない場合も要注意ですし、全体的に安っぽいという特徴もあります。

悪質カジノの場合、運営者情報や規約に関しても見ることが出来ない可能性も高いですし、その割には大量のボーナスなど、条件は破格なことも多いです。
もしもホームページを見て、怪しいと思えば、まずはサポートに問い合わせてみるようにしましょう。
返事がなければ、そのカジノは避けておくべきです。

日本語対応サイト、海外で評判のカジノにも要注意

オンラインカジノで日本語化されているサイトは安全だと思われがちですが、実はそうではありません。
日本語化されていても、日本人をターゲットとして詐欺を行っているオンラインカジノもありますので、日本語対応でも優良とは限らないのです。

また、海外で評判のカジノも、日本人プレイヤーにとってはコミュニケーションが取りづらく、優良とはいいがたい事もあります。
それだけで選んでしまうのは危険なので、注意をしましょう。

実績があり、最新の評価が高いサイトを選ぼう

最新の評価が高いサイトを選ぼう

悪質なオンラインカジノの見分け方ですが、まずはカジノを選ぶ際には実績が豊富で、最新の評価が高いカジノを選ぶようにしましょう。
以前まで、評判が良かったオンラインカジノでも運営者や経営方針が変わるとともに、そうではなくなることもあります。

時代と共にオンラインカジノは移り変わるものですので、常にオンラインカジノの最新の情報をキャッチして選ぶように心がけるようにしましょう。

オンラインカジノはパチンコよりも依存度が高い

オンラインカジノが抱えている社会的なデメリットとして、ギャンブル依存症の問題があります。
ギャンブル依存症とは、ギャンブルの行為にのめり込み必要以上に熱中し、のめり込んでしまう病気の一つです。
ギャンブル依存症は精神疾患の一つとして位置づけられていて、近年では日本でもギャンブル依存症の問題が表面化しており、パチンコやスロットでも注意が呼びかけられていました。

オンラインカジノは、公営ギャンブルよりも依存度が高いという特徴があります。
勝つときと負けるときの差が非常に大きく、リターンの差が著しいということもあり、より一層依存症になりやすいといわれています。

また、オンラインカジノは、現金だけではなく、クレジットカードを使用することが出来てしまうという点が問題となっています。
クレジットカードによって後払いが出来るということもあり、金銭感覚が狂ってしまう恐れがあります。
気づいた時には、限度額いっぱいまで使い切ってしまい、後に支払いに困ってしまうというケースも相次いでいます。

ギャンブル依存症は深刻な問題で、今後日本にカジノが解禁されることになったときにも、患者数が増えるのではないかと懸念されています。

スパム広告などのイメージの問題

スパム広告などのイメージの問題

オンラインカジノは、スパム広告を貼り付けたり迷惑メールを無差別に送りつけるといった悪徳業者の影響によって、業界全体のイメージが悪いという問題があります。
ブログに悪徳業者もしくはサイトの主が、無差別にスパム広告を貼り付けたり、迷惑メールを貼り付けるという行為を繰り返すことも珍しくありません。
一部の悪質業者のために、オンラインカジノ全体が悪く見られているというのが現状ですので、これは非常に残念なことです。

昔と違い、オンラインカジノのイメージも向上しつつありますが、このような業者はなくならないというのが問題となっています。

オンラインカジノとさまざまなトラブル

オンラインカジノは、入出金に関するトラブルなど、さまざまなトラブルが多いのも特徴です。
不具合が生じるだけではなく、きちんと支払いがされなかったり、メッセージに答えて貰えなかったり、そういったこともあります。

中には客を客とも思わないような対応をするサポートもあり、まだまだ信頼できない部分があります。
オンラインカジノの歴史は浅く、サービスの水準が低い点もありますので、注意が必要です。

オンラインカジノは本当に勝ちやすいのか?

オンラインカジノは勝ちやすい?

オンラインカジノは勝ちやすい?

オンラインカジノを始める際に知っておきたいのが、その勝ちやすさです。
オンラインカジノは、競馬やパチンコ、スロットなどの他のギャンブルと比較されることが多くペイアウト率が高いギャンブルということでも知られています。

ペイアウト率だけを見ると、オンラインカジノのペイアウト率は圧倒的に高く、97%以上を誇っています。
競馬やパチンコは、これに対して、75~80%、宝くじについては45%程度になっています。
オンラインカジノのハウスエッジだけを見ていると、非常に低いのでチャンスがあるともいえますが、勝ちやすいかどうかというと、そのあたりは一概には言えない事情があります。

パチンコとオンラインカジノの比較について

たとえば、パチンコやスロットとオンラインカジノを比較してみましょう。
パチンコやスロットのハウスエッジが10~15%、そしてオンラインカジノは3~5%です。
したがって、オンラインカジノのほうがハウスエッジは低いです。

しかし、パチンコやスロットの場合、台の釘の調整や設定によって客側が有利になり、時にはハウスエッジがマイナスになることもあります。
オンラインカジノは、設定がマイナスになってしまうことはなく、常に一定となっています。
つまり、マイナスに設定されている日にパチスロで遊んだ場合、オンラインカジノと比較しても、パチンコやスロットの方が勝ちやすいということになります。

また、パチンコやスロットの場合現金を台に投入するだけですが、オンラインカジノの場合、アカウントの登録や入出金口座を作成する必要がありますので、手間がかかってしまいます。
入金はクレジットカードでも可能ですが、使えないカジノもあります。
準備や手続きなどはパチスロと比較してもかなり面倒になってしまいます。

手軽さはまだまだ不便な面がある

オンラインカジノが勝ちやすいかどうかの問題ですが、このように日によってはパチスロが勝ちやすいこともありますので、一概に勝ちやすいとはいえません。
ペイアウト率の高さは圧倒的ですが、だからといって過信しすぎないように注意をする必要があります。

また、パチンコやスロットに関してはトラブルは皆無ですが、オンラインカジノの場合トラブルが多く、現金化の際にトラブルが起きてしまい、サポートに問い合わせることが必要になります。
最近では、日本語対応サイトも増え、便利になりましたが、手軽さの面ではオンラインカジノはまだまだといえます。

ライブゲームをマスターするとオンラインカジノで勝てる

ライブゲームをマスターすると勝てる

ライブゲームは、オンラインカジノが独自に採用しているゲームの方法です。
インターネット上でライブ配信を行い、その配信に従ってゲームを遊ぶという方法です。
近年では多くのオンラインカジノが採用しており、遊んでいるユーザーからも高い人気を得られています。

このライブゲームですが、遊び方をしっかりと考えていると、かなり勝率を上げられます。
場合によっては、オンラインカジノで勝つためのゲームとして使えるのです。

ライブゲームはオンラインカジノでも勝ちやすい

ライブゲームは、オンラインカジノでも意外に勝ちやすいゲームです。
理由としては、ライブ配信されているゲームは、人の手によって動かされるためです。

オンラインカジノで用意されているゲームは、全てプログラムによって制御されています。
このプログラムは、しっかりした確率で動かされていますので、勝つための確率というのは基本的に変わりません。
しかし、オンラインカジノのライブゲームは、確率が大きく変わっているのです。
ライブゲームを提供しているディーラーの癖などを見抜ければ、勝率を劇的に変えることが可能です。
また、ライブゲームを遊んでいるユーザーの多くが、ディーラーのミスというものに期待しています。
人が提供しているゲームですので、ディーラーがミスを犯す可能性も十分にあります。

勝ちやすいオンラインカジノのゲームとして認められているライブゲームは、最初のうちは癖を見つけることに苦労するでしょう。
しかし、癖がわかるようになっていくと、徐々にですが勝ちやすい状況を作ってくれて、最終的にはオンラインカジノで勝ちやすいギャンブルとして考えられるのです。

ライブゲームでも素人のディーラーを狙うことが大事

ライブゲームは素人のディーラーを狙うことが大事

オンラインカジノでは、ディーラーの質にかなりの差があります。
熟練の技術でライブゲームを配信しているディーラーは、プログラムのような確率でしか勝てません。
しかし、ディーラーの中には素人同然の人も含まれており、あまりにも癖がわかりやすくて勝ちやすいディーラーもいます。

勝ちやすいディーラーを探すことも、オンラインカジノで勝つためには大事です。
ディーラーの中には、ブラックジャックでバーストを繰り返している人、ルーレットで同じ場所にしか落とせない人もいますので、そうした癖の強いディーラーを探して勝負をしてください。
勝ちやすいディーラーが相手なら、オンラインカジノは勝ちやすいギャンブルへと変わります。

オンカジとインカジの法的な違い

オンラインカジノの違法性について

オンラインカジノの違法性について

オンラインカジノを始める前に気にしておきたいのが、法律問題に関することです。
オンラインカジノは、賭博になりますので、日本国内でプレイをすると、違法になってしまうのではないかというイメージがあります。
しかし、実際にはオンラインカジノは、違法でも合法でもありません。実は今の日本にはオンラインカジノを裁く法律そのものが存在していません。
従って、はっきりと違法であるとすることができない状態となっています。

日本のインターネットに関する法律はまだまだ法整備が遅れている面が多く、ネット上の誹謗中傷に関しても、まだ裁くことが出来ません。
よって、オンラインカジノも、このグレーゾーン位置づけとなっているのです。

オンラインカジノの特殊性とは?

オンラインカジノは、賭博であることは真実なのですが、他のギャンブルとは違う、特殊性があります。
まず、オンラインカジノは、海外にサーバーが置かれ、合法的に海外で運営されているという特長があります。
芸能人が、マカオやラスベガスでカジノをしたという話を聞くことも多いと思います。これと同様に、日本人が海外のカジノで遊ぶ分には賭博罪には当たらないのです。

これがオンラインカジノの法律に関して難しいところとなっています。

海外のオンラインカジノは、業者が海外にありますし、プレイヤーは日本にいる状態になります。
この場合、日本の法律、もしくは海外の法律、どちらで裁くべきなのかという問題になってしまいますし、日本では、マウスでクリックしているだけで、海外でお金の管理がなされているので、賭博には当たらないともいえるのです。
オンラインカジノと法律に関する議論はまだまだ平行線上となっています。

日本で運営されているオンラインカジノはアウトとなっている

日本で運営されているオンラインカジノはアウト

しかし、日本人が日本国内でオンラインカジノで遊ぶ分では、気を付けなければならないことがあります。
それは、日本で運営されているオンラインカジノに関しては、胴元があるので、はっきりと違法になってしまうという点です。
また、海外でも、ライセンスを取得していない業者の場合、合法的に運営されていないオンラインカジノになりますので、こういったカジノにも注意が必要となります。

特に、日本国内で運営されているオンラインカジノでプレイをした場合、賭博場開張図利罪に当たり、逮捕されてしまう危険性もあります。このため、避けるようにしましょう。

カジノカフェ利用者を含めた摘発について

カジノカフェ利用者を含めた摘発

朝日新聞や京都新聞などで、2006年の2月24日付けでインターネットカフェ「ゴールドラッシュ」の逮捕劇が報道されました。
しばらくは大丈夫だろうと高をくくっていた人にとりましては、驚きをもって伝わったことでしょう。
その概要としては、フィリピンに拠点をもつオンラインカジノを利用した「カジノカフェ」であり、店員2人と客2人の計4人が現行犯逮捕されたものです。

摘発を受けたカジノカフェのシステムについて

この「カジノカフェ」はどのような仕組みとなっていたのでしょうか?さっそく解説をすすめましょう。
営業時間は24時間オープンとなっており、オンラインカジノのアカウント登録を済ませたパソコンを客に使用させていました。
楽しんでいたカジノゲームはバカラ・ポーカーであったとのことです。
現金のやり取りは店内でおこなわれており、コインにあたるポイントを販売していた模様です。客が負ければ店舗はカジノ運営へ支払いが発生するのですが、ポイントを販売していますから問題ありません。
客が大勝すれば、その時点で店側からの払い戻しがありますが、アカウントの登録時点でプロモーションボーナスを受け取っていますから、店舗が損をすることはないのです。
このボーナス部分が大きな利益となります。

摘発の意義について

オンラインカジノを利用すれば、「賭博罪」に問われることなく「ギャンブル」を楽しめます。
これを法律の盲点であると考えて店舗を運営していたのですが、放置すれば「暴力団の資金源」に活用されてしまう懸念がありました。
そこで、長期間にわたる内偵捜査がおこなわれて、摘発に至ったということなのでしょう。

では、どの部分を「賭博罪」として問うたのでしょうか?
推察ですが、店舗内で現金の授受をおこなっていたところがポイントです。
これにより、店舗が賭博の胴元行為をおこなっていたと見なしたのでしょう。
起訴された内容をみると、客2人は「単純賭博罪」、店員2人は「常習賭博罪」です。
もちろん「常習賭博罪」のほうが重い罪となっており、翌年の1月に京都地裁で判決が言い渡されています。
それによると、懲役2年・執行猶予5年、追徴金1億139万円が言い渡されており、想像以上に重い刑が言い渡されました。

今後もこのような形態の店舗は注意が必要であり、客として入店しただけで運悪く逮捕されてしまう可能性があります。十分に注意しなければなりません。